マンデーセレクション イメージ画像

担当 佐久間が選ぶ!マンデーセレクションVOL.25

MUSIC MAN 【Sting Ray】

今回紹介致しますのはMusicman Stingray

このベース、とにかく音にパンチが効いている…それもスラップした時など別格に。

ロック系ベーシストはまず必ずといっていいほど一度は憧れるベースであり わたくしも例にもれずめちゃくちゃ憧れてました!

高校生の時分に初めてこの存在を知り、半端じゃなく欲しい…しかし高い…などとウズウズしておりました記憶が。

PANミュージックに入って、相当たくさんのベースの音に触れた今でもStingrayの音のキャラクターは他の楽器にはないと思いますね。

全体像 表 全体像 裏 ピックガード接写

今週の楽器の紹介♪

まずは見た目にもパンチ力がある、この特徴的なピックガード!!卵型でかわいいけどもベース全体で見るとなにやらカッコいい。

しかもオプションのホワイトパールなのでラメラメなボディといい相性ですねっ

ボディには塗装に多少のヒビがみられます。

ヘッド接写 ヘッド裏

ヘッドはマッチングヘッド。ヘッドに塗装が施されているので、この楽器を正面から見たときにウッディさは無く、むしろ木で出来ていることを忘れさせるようなテイストに仕上がってます

そして3+1の構図になっているペグも見逃せません

ピックアップ接写 コントロール部分接写

アクティブサーキットを積んでおり、さらには問答無用でパワーのあるハムバッカーとの組み合わせによる、へヴィなサウンドがロックベーシストにはたまらないのです

コントロール部分にはマスターボリュームのほか低域、中域、高域をそれぞれブースト/カットできるツマミがついており、こいつをフルブーストでひねるとゴリゴリな爆音になったり、中域のみフラットにしてあげると小粋なスラップサウンドになってしまったり…と意外なほど小回りがききます

背面接写 ネックジョイント 電池パック接写

視点を背中に向ければ、シンプルな印象。さりげなく6点止めになっているネックジョイントや電池交換が楽々なワンタッチの電池パックも突っ込まずにスルーするにはかわいそうですね

ネックの幅はわりと広めです…がしかし厚みは普通なので、手の小さい方でも全然弾けちゃう!という可能性はあります。手の大きい方は余裕でしょう。

楽器の説明はこのくらいにして、実際弾いた時の印象をお話しますとやはり圧倒的な低音のパワー感とともに出てくるエッジの効いたクリアーなサウンドに魅力を感じます。 スラップをやりたいベーシストには、このパキパキ感はたまらないです!是非気になる方は当店へ弾きにいらしてください!!

税込販売価格 ¥128,000- オリジナルハードケース付き

メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へのリンク画像